読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛を。

看護師ケアマネ。愛すべき利用者との関わりをちょっぴりフィクションほぼノンフィクションで。(記事の編集を随時行っています)

呼び戻す人

夫婦というのは共依存そのものか。

無自覚に長い年月をかけてそれは形成される関係。

 

その夫婦と知り合って5年以上経つ。

最近利用者である夫は誤嚥性の肺炎を繰り返し、入退院を繰り返していた。

病院のMSW(医療ソーシャルワーカー)は、ほとほと困っていた.。

本人ではなく、その妻に。

MSWいわく、「このまま自宅に帰すことはご本人にとって良くない。こんな短期間に入院を繰り返している。自宅に帰っても奥様がちゃんとできるとは思えない。なのに帰して欲しいと言われる。何度お話ししても堂々巡りで・・・」。

挙句には「もうどっちでも良いんですけどねぇ・・・」と言い出す始末。

でしょうねぇ。手強いですからねぇ。

何度も何度も相談を受け、手続きの段取りをし、その度にキャンセルを繰り返すというツワモノですから。

妻の意向に沿うサービスがないのです。

そう、彼女は相談難民(そんな言葉があるかどうかわからないが私が勝手につけた)。

あちこちの公的機関へ電話し、その他病院や施設など。

相談を受けた人からケアマネに「どんな感じなんですか」とお尋ねの電話がかかってくる。

その時は「しっかり話しを聞いてあげてください」と返す。それ以外は無いのです。

私も当初は毎月かかってくる電話に正直参っていた。

「私はこの世で一番不幸。 私以上に不幸な人はいない。 これまで生きてきて良いことは一つも無かった」と断言する。

まるで悲劇のヒロインのように饒舌に、相手があることを忘れるくらい自分の話に酔いしれ、何時間も話し続ける。

それまで一生懸命に聞いて一生懸命何か良い方法をと考えていたが、何一つ彼女の意に沿うサービスは無く、ある時思い切って聞いてみた。

少しおずおずとして。。。「それでは、話しを聞くだけで良いんですか」と。

妻は「そうなの。それで良いの。聞いてくれるだけで良いの」と即答した。

相談する人はもう腹の中は決めて聞いている、ということが多いとわかっていても職業上何とかしなければ、と思うのが当然と言えば当然だが。

そうなの。そもそも相談ではないのだ。妻は本当は友達や知り合い、身内に話すようなことをケアマネに話しているということ。話しの中で、「私が電話すると皆嫌がるんです」と言ってたな。

こんなふうにケアマネは身の上話しを聞くことが業務の中でも大きなウエイトを占めています。

 

退院前家屋調査の日、夫は、「家には帰らない。施設に入る」と言った。

それを聞いた妻は「あーそーなの。そういうこと。もう知らない。私を見捨てるのね」と言った。

MSWも言っていたが夫は妻の体のことも心配しており、家は無理だろうと思っていた。妻も高齢で持病があるため誤嚥にならないような食事を作ることなど難しいだろう。

 

とりあえず、1ヶ月と決めての施設入所となった。

MSWはホッとしただろう。

しかしこれで終わらないのが在宅の面白い(大変)ところ?

本人は「ここは良い」と快適な施設ライフを送っていたが、妻は1ヶ月も経たないうちに「帰す」と言い出した。

 

娘と本人へ意思確認の面談を行った。

施設側としては、今大変良い状態なのでもう少し居て頂いても構わないとのことだった。

本人は「ここが良いが、家内があんなに言うので帰るほかないだろう」。

長女も「母がさみしがっているので」。

 

(MSWではないが)どちらでも良いんですよ。

私はお父さんの担当でお父さんの身体のことを考えたら今の環境が安全・安心に長く健康な生活が維持できると思う、しかしこれはお父さん1人の問題では済まず、夫婦の問題であり、その夫婦が決めた結論を尊重したいと思います。

妻は、「わかってる。私も眠れないくらい悩んで決めたこと」と言った。

 

帰ったら帰ったで自分も疲れ夫に八つ当たりするのは目に見えている。それは誰もがわかっていること。

夫への恨みつらみで生きてきた妻の人生だったはずなのに、その元凶を呼び戻す。

でもそれがこの夫婦なのです。
これまで通りヘルパーも入れないし、配食サービスも取らない。
また入院になっても仕方ない。死期が早まったとしてもそれが寿命と思うと言った妻。

妻にとっての別れは、究極の『死』でしかないのだろう。

 

人は生まれてくる時も1人、どんなに愛し合っていても死ぬときは同時には死ねない。最期は1人である。

連れ合いを持たない人は、別れの寂しさ・辛さを知らずに済むと言った。

長年夫婦を営んでくると、別離の岐路に立たされたとき、迷い苦しむのだろう。

 

誰もその決断を評価する資格は無い。

ただ、人間は愚かで愛おしい生き物だと思う。